2014ミス・ユニバース日本代表決定 空手黒帯の大学生が栄冠


2014ミス・ユニバース・ジャパンに決定した、長崎代表の辻恵子さん(20)

2014ミス・ユニバース・ジャパンに決定した、長崎代表の辻恵子さん(20)

2014ミス・ユニバース・ジャパンに選ばれ喜びを語る、辻恵子さん(20)

18日、都内にて「2014 ミス・ユニバース日本大会」が開催され、2014ミス・ユニバース・ジャパンが決定した。

ミス・ユニバース日本代表に輝いたのは、長崎代表で学生の辻恵子さん(20)。発表を受けると満面の笑顔で、「ここまで来ることができたのも、家族や友達、ここにいるすべての方々のおかげだと思っています」と感謝のコメント。「これから困難なこともたくさんあると思いますが、私らしく笑顔で頑張っていきたいと思います」と、今後の意気込みを語った。

辻さんは現在、栄養学部に通う大学生2年生。夢は、「日本の女性がキレイになれるよう、食と美容で内面から磨きをかける管理栄養士」とのこと。また小学3年生から空手道を始めたという彼女は、黒帯を所有しており、昨年の全九州空手道大会で優勝するほどの実力者。「空手で培った精神力でここまでやってこれました」とコメントした。

また、2位には東京代表の西内裕美さん(24)、3位には福島代表の高橋美咲さん(25)、4位には大阪代表の岡根安里さん(19)が受賞。特別賞には北海道代表の日下真莉萌さん(22)、TOTALWorkout賞には大分代表の城あずささん(22)が選ばれた。

今回、ファイナリストには、各都道府県を代表する43人が集結。ダンス審査(43名から15名へ)、水着審査(15名から5名へ)、最終的にドレス・スピーチ審査に臨み、決定した。

◆これまでの選考の流れ

昨年12月、全国47都道府県で開催された地方大会で約5000人の中から選出。各都道府県の地方大会でのナンバー1に輝いた者が日本最終選考のファイナリストとして、トレーニング・チャリティー活動・プロモーション活動を実施。3月上旬から2週間のトレーニング合宿「ビューティーキャンプ」を経て、今大会に臨んだ。(モデルプレス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>