「『またやったんだ』くらいの感覚」吉松育美ストーカー事件へのマスコミの本音

「『またやったんだ』くらいの感覚」吉松育美ストーカー事件へのマスコミの本音

 2012年の『ミス・インターナショナル世界大会』で、日本人初のグランプリとなった吉松育美をめぐる“ストーカー事件”が、ネット以外ではほぼ黙殺されている。吉松は会見を二度行い、大手芸能プロダクション・ケイダッシュ幹部の谷口元一氏による脅迫・ストーカー行為を訴えたが、テレビ・新聞・雑誌などの大手メディアは取材にさえ動かない現状という。

事件の全貌は、12月上旬発売の「週刊文春」(文藝春秋)での報道、また吉松本人のブログの投稿により明らかとなったが、内容のインパクトとは裏腹に、この件はマスコミや芸能関係者の間でもまったく話題にならないほど“封殺”されてしまっている。著名人では、脳科学者の茂木健一郎氏がTwitterで、また読売テレビ報道局解説副委員長・春川正明氏がブログでこの一件を伝えてはいるものの、国内での報道は皆無といっていい。

「“芸能界の重鎮”である谷口氏絡みの事件なだけに、上から『触れるな』という指示を受けた社もあったはずですが、うちの局はそうした指示さえない。デスクが『文春』を流し見して『これすごいね』なんて感想を漏らしただけで終了でしたね。谷口さんの悪評は誰でも知っていることで、ストーカー行為の上に仕事から干すという卑劣なやり方に疑問こそ覚えますが、これよりさらにひどい彼の“悪行”を知る関係者からすれば、『またやったんだ』くらいの印象では。感覚が麻痺しているんですよ」(ワイドショーディレクター)

谷口氏の女性タレントをめぐる悪評はかねてから伝えられており、先日第二子出産を発表した畑野ひろ子も、かつてはその毒牙に掛かってしまった1人だったという。

「元キャバ嬢の橘くるみと結婚後は落ち着いたものかと思われていましたが、結局まだまだ谷口氏の悪行は続いていたということですね。彼はターゲットだけでなく、周囲の関係者にも嫌がらせのような行為をしており、当時谷口氏のお気に入りだった畑野が柏原崇との交際を始めた時、柏原は当時出演中ドラマを『ケガのため』と強引に降板させられました。その後、他事務所に移籍して活動を再開した柏原ですが、その時は新事務所の社長が谷口氏の親分格である“芸能界のドン”バーニングプロダクション周防郁雄社長に直談判し、ようやく谷口氏の呪縛から解き放たれたんです」(芸能プロ幹部)

こうして芸能界ならびにマスコミにも絶大な影響力を誇る谷口氏だけに、不気味な“黙殺”状態は依然として続いている。芸能界においては2013年のビッグニュースとなってもおかしくない今回の騒動。谷口氏は民事・刑事ともに告訴までされているにもかかわらず、事態はこのまま風化していくのだろうか。

※『Making 世界一』/東京書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>